[SCOPE] 一般財団法人 港湾空港総合技術センター

  • Googleロゴ

    

港湾空港タイムズ速報

港湾空港タイムズ速報

港湾局 ブルーカボン活用へ議論

2019/06/17

藻場等CO2吸収源、評価方法

国土交通省港湾局は6月11日、有識者や関係省庁で構成する「地球温暖化防止に買献するブルーカーボンの役割に関する検討会(座長・佐々木淳東京大学大学院新領域創成科学研究科教授)」を設置し初会合を開いた。同日に閣議決定されたパリ協定に基づく温室効果ガスの排出・吸収に向けた長期戦略では、藻場等によるブルーカーポン(沿岸域や海洋生態系に貯留される炭素)の吸収
源対策としての可能性を追求することが盛り込まれている。

過去の記事はこちら(2007/01/01~2019/06/03)

ページの先頭へ戻る

ページTOPへ